マンパワーグループ

人材派遣会社の役割って?

人材派遣会社とは、そのまま人材を派遣する会社です。あるスキルを持った人材を雇用して、そのスキルを持った人材を必要としている企業に提供する会社ということです。仕事を探している人と人材を探している企業のパイプ役をしているのが人材派遣会社ですね。人材派遣会社はどのような役割を担っているのでしょう?

<人材派遣会社の主な仕事>
人材派遣会社の営業業務は、対企業と対求職者の2方面があります。企業に対する営業は、新規の派遣先開拓のためアポイントを取ります。求職者に対しては、Webや広告媒体で派遣職員を募っています。いかに優秀な人材を多く確保するかが、信頼や実績につながります。そして、コーディネーターと呼ばれる人が、派遣先の求める人材と求職者の希望を踏まえてマッチングし、紹介します。派遣会社にとって、派遣会社から派遣した人材の評価は派遣会社の評価に繋がります。その評価は、実際に派遣社員が仕事をするまでわからないため、コーディネーターの仕事は大変重要であると言えます。他に、ルートセールスと呼ばれるポジションがあります。ルートセールス担当の主な仕事は、派遣され働いている社員の悩みを聞くなどのフォローや契約している企業へ派遣社員枠の増員を提案したりします。そして、総務や人事、経理といった部署は他の業種同様にあります。

<人材派遣会社の役割>
人材派遣会社は、求職者と企業の間に入り、双方が納得できる契約を取り付けるエージェントという役割を担っています。ところで、あなたが職場に求める希望は何ですか?子どものお迎えがあるため、定時で帰宅したい、残業は避けたい。週末はお休みしたい。スキルを活かせる部署で働きたいなど人によって仕事環境に求める希望は様々です。このような希望を満たす求人募集をしている企業を個人で探すのは、とても大変です。求職者は何社も面接を受けても希望に沿う企業に出会うことができないかもしれません。一方、企業側も求める人材に出会えず、何人も面接を行う必要があるかもしれません。人材派遣会社を介することで、人材派遣会社がお互いの希望に沿った求職者と企業をマッチングしてくれるので、効率的に求職者は自分の希望する働き方が実現できる職場を見つけることができ、企業側は求める人材に仕事をしてもらうことができます。派遣社員は、派遣先企業にとっては、雇う際のコスト軽減にもなります。

<まとめ>
人材派遣会社は、働く場所を紹介するだけでなく、仕事上の悩みやキャリアアップの相談もできとても心強い存在です。キャリアアップサポートが充実している人材派遣会社としては、老舗であるマンパワーグループがあります。