キャリアリンク

コロナウイルス流行後のコールセンター業務

1.コールセンター業務の現在

コールセンターの仕事は、いつの時代も一定の需要が期待できます。顧客からの商品やサービスに関する問い合わせ、ヘルプデスクなどに対応してくれるコールセンターは、企業にとって欠かせない存在です。2020年のコロナウイルス流行後もそれは変わりませんが、やはりコロナウイルスによる影響は出ています。

2021年5月上旬時点で3回目の緊急事態宣言が継続中ですが、過去の緊急事態宣言などの影響でコールセンターの求人数は大きく減りました。一向に先行きが見えないこと、コロナウイルスにより業績に悪影響が出ていることなど色々な要因がありますが、かつては売り手市場だったコールセンターの求人は、買い手市場へと変化を遂げています。以前は、派遣社員としてコールセンターで働くことは決して難しくはありませんでしたが、現在は派遣社員として働くのもなかなか困難です。

2.コールセンター業務に強い派遣会社

さらにコールセンターの業務に興味がある人にとって悩ましいのが、コロナウイルス対策です。コロナウイルス流行前は、50人から100人ほどのオペレーターが同じ部屋でコールセンターの業務を手掛ける光景が一般的でしたが、当然ながらウイルスの脅威にさらされている現状、かつてのような業務形態が続けられてはいないでしょう。しかし、各企業のコールセンター業務でどのようなコロナウイルス対策がとられているかは未知数であり、求職者の立場からすればなるべく安心して働けるところに採用されたいと考えるものです。コロナウイルス流行前と比べると求人数は減っており、さらにしっかりと対策がされているところを見つけるのは大変なため、コールセンター業務に強い派遣会社を頼るのが有効です。

派遣会社はそれぞれ異なる特色を持っており、キャリアリンクのようにコールセンター業務の案件数が多いところもあります。多くの派遣会社でコールセンターの案件は取り扱われてはいるものの、キャリアリンクのようにコールセンター業務に強いパイプを持っている派遣会社を選ぶことが、理想的な職場を見つけることにつながるわけです。

コールセンターの業務では個人情報を扱う都合上、テレワークや在宅勤務での対応ができないところも多く、出社して業務に臨むのが基本です。そのため、通勤でコロナウイルス感染のリスクが高まることを気にする人にはあまり向いていません。しかし一方で服装や髪型などの制限が緩い場合が多く、業務を通して電話対応のスキルや正しい言葉遣いが身に付くというメリットもあります。コールセンターで働いてみたいのであれば、ぜひキャリアリンクについて調べてみてください。