キャリアリンク

正社員と派遣社員の働き方の違いをくわしく解説

1.正社員と派遣社員を比較

正社員と派遣社員のどちらを目指すか迷っている人も多いでしょうが、どちらがよいかは一概には言えません。働き方に関係してくる要素は現在のスキル、性格、将来的な目標など非常に多く、最適な働き方は人によって異なります。まず、安定した社会人生活を望むのであれば正社員を目指す方が無難で、基本的には正社員ほど長く働けるものです。もちろん、正社員であってもリストラ、勤め先の倒産などの大きな問題が立ちはだかる恐れはありますが、正社員は雇用期間が特に定められていないため、新卒として採用されてから定年まで同じ会社で働く人も珍しくはありません。

一方で、派遣社員の場合は最長3年しか同じところで働くことはできないため、派遣社員として働くのであれば、様々な場所を渡り歩く形になります。一応、同じ会社の別の部署であれば3年の縛りには当てはまりませんが、いずれにしても定期的に働く場所が変わるのが派遣社員の特徴です。

定期的な働き方の変化に対してよいイメージがないのであれば正社員を目指すのが無難ですが、一方で同じ場所で働き続けることに違和感がある場合や、色々な世界で働いてみたいと感じている場合は派遣社員が向いています。また、正社員は人間関係に悩まされることが多く、仮に人間関係に不満があったとしても、そう簡単に解決することはできません。一方、派遣社員は正社員と比べればしがらみが少ない場合が多く、仮に問題が生まれたとしても新たな職場に移れば人間関係はリセットされます。派遣社員は正社員と比べると給与の面では劣るのが普通ですが、それでもアルバイトやパートよりは高い時給が期待できるため、正社員としての働き方にデメリットを感じる場合、派遣社員として働くのは悪くない選択です。

2.問題のある派遣会社を避ける

ただ、同じ派遣社員でも派遣会社によって働きやすさは異なり、ブラック派遣会社と呼ばれるような問題のあるところも存在します。ブラック派遣会社ほどではなくても、事前に聞いていた話と実際の待遇が異なる、担当者の態度がいい加減など、派遣社員が安心して働けないような派遣会社は存在しているため注意が必要です。事前に口コミや体験談をチェックするのが理想で、キャリアリンクのように高く評価されている派遣会社を選ぶのがよいでしょう。待遇がよくない派遣会社を選んでしまうとトラブルが尾を引く恐れがあるので、派遣社員として働くことを希望するのなら、登録する派遣会社を見極めることから始めてください。